ワウネタ海外生活
トップヨーロッパドイツ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
いろいろな飲み方で楽しむ【ドイツ】

ビールと言えば、冷えたグラスで飲む。
日本の居酒屋やバーで提供されるビールは冷えているのが当たり前であり、最近では凍る直前まで冷えたビールを提供するところも増えています。
逆に常温のままのビールを出してしまうとお客さんに怒られるのが常識です。

 しかし、ビールをこよなく愛するドイツでは、冷やして飲むだけではありません。
どちらかというと常温で提供されるビールも多く、中にはやや温められたビールもあります。
このような飲み方の違いはビールに求めるものの違いがあります。
ドイツなどのヨーロッパでは、喉ごしよりも香りや味を重宝する傾向があります。
冷えたビールは喉ごしがよいものの麦やホップの香りが薄れてしまいます。
ビールの本場ドイツでは、良い香りのするビールほど人気が高いです。
香りを高めるために常温でビールを提供したり、わざとやや温かい温度にしたりして提供するところもあります。
最初は、この温度に違和感がありますが、慣れてくるとビールの味の美味しさが分かるようになります。




2018/05/14 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

いろいろな飲み方で楽しむ【ドイツ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ドイツナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.