ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
子供にあげる薬はありません【アメリカ・ロサンゼルス】

アメリカでは子供にあげる薬がありません。??と思う方が多いかと思いますが、ある程度の年齢にならないとアメリカでは子供に対して処方する薬は一切ないのです。

では、子供が風邪などにかかった場合にはどうするのかというと、タイレノールを与えます。これは妊婦さんや授乳中の方の「薬」としてもよく処方されるものなのですが、体に負担のかからない薬のようなシロップです(大人の場合は錠剤もあり)。味はベリー系の味にして子供たちが飲みやすいようにしています。

例えば、予防接種が定期的に行われますが、その際に体が反応して発熱を起こす子供もいます。そんな時にはタイレノールを飲んでと病院から言われます。このタイレノール、痛みに効くものや熱に効くものなど、種類も豊富で、対応年齢もそれぞれ異なります。

そして、それ以外にもこのように様々なシロップがスーパーや薬店で売られており、これも薬ではないので効果はそこそこです。しかし、薬が子供たちは飲めないアメリカ、こういったもので対処するしかないのですが、逆に体はたくましくなりますし、親もすぐに薬と考えないので、これは良い方法なのかもしれません。



2018/10/16 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

子供にあげる薬はありません【アメリカ・ロサンゼルス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.