ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイギリス
ロンドン橋は実在! 本当に落ちる?【イギリス】

「ロンドン橋落ちた〜」で有名なロンドン橋は、実際にロンドンに実在します。有名なタワーブリッジとキャノン・ストリート鉄道橋の間にあり、ロンドンの中心を走るテムズ川の南北を繋いでいます。テムズ川では、南北をつなぐ橋が建設されたものの、濁流により何度も流された経歴があり、歌ができたようです。



現在も名残がのこるロンドン橋は、1209年に完成したものであり、大火事や斬首などもあり、いろいろな逸話が残っています。ロンドンブリッジ駅の近くには、テラー・オブ・ロンドンという歴史を学べるお化け屋敷があり、歩いて回るので結構な怖さがありますが、非常に面白いです。10人程度の団体で回るので、ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。




隣のタワーブリッジまで、テムズ川沿いに歩いていけます。川沿いも晴れた日はとても綺麗です。昔、川沿いは海水浴場のようなビーチがあり、遊泳していたそうです。今でもビーチの名残がありますが、ゴミと濁水で、とても泳ごうとは思えません…。

タワーブリッジは、ほぼ毎日1日数回開閉します。橋が上がるところも面白いため、ぜひ見てください。タワーブリッジ開閉の時間は、タワーブリッジのチケット売り場で確認できます。




橋の上の部分を渡れるのですが、ガラス張りになっていてスリリングです。
内部の構造もみられるので、興味のある方はぜひ。




2016/02/22 19:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事

ロンドン橋は実在! 本当に落ちる?【イギリス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イギリスナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.