ワウネタ海外生活
トップアジア香港
日本とはちょっとちがう香港の乾物【香港】

乾物というとどんなものが思い浮かぶでしょうか。
日本だと、干し椎茸、切り干し大根、干し貝柱、などでしょうか。
香港の乾物も、大体同じような感じですが、香港特有のものもあります。

上の写真は干しあがったエビを、網からはずして、集めているところです。

日本の干しエビは、桜エビが一番よく見かけるタイプだと思いますが、香港の干しエビは、桜エビのように小さいものから、大きいものまでいろいろとあります。
使い方は、スープに入れたり、野菜と炒め物に使ったりします。

他のに香港特有の乾物といえば、干しあわびや、干しなまこ、ふかひれにつばめの巣です。
このあたりは高級品で、お正月の親戚周りのときなどに、手土産にしてきます。
干し貝柱は、普段の料理に使われますが、干しあわびや、干しなまこは、戻し方が難しく、家で食べるよりも、レストランで食べることのほうが多いです。

あと珍しいものとしては、魚の胃袋の干したものがあり、これはスープに使われます。コラーゲンたっぷりのスープができあがります。

これはきくらげ。



香港では質のよいきくらげが、比較的安価に手に入ります。
きくらげには、黒きくらげと白きくらげがあり、黒きくらげは炒め物に、白きくらげはデザートに使われることが多いです。




2016/03/24 12:20  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

日本とはちょっとちがう香港の乾物【香港】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -香港ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.