ワウネタ海外生活
トップヨーロッパスペイン
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
スペインでもこたつが使われていた?!【スペイン】

スペインのアンダルシア地方は温暖な気候で、今年の冬は1月中旬の夜でも10℃以上ある日が続いています。しかし、スペインの家は床にタイルや石の素材を使ったりと夏の猛暑に備えた作りになっており、家の中はいつもひんやりします。

なので冬の夜に窓を開けて顔を出してみると外の方が暖かいんじゃん!と、つっこみたくなることもあります。私のアパートに備え付けてあるエアコンも冷房専用で暖房機能は付いていません。



では、そんなスペインのひんやりハウスでどう温まるかというと・・・それはこたつです!!!

え?スペインにこたつ?日本から持っていった?っと思われるかもしれませんが、いえいえ、スペインのアンダルシア地方にはブラセロ(Brasero)という日本のこたつに似たものがあるのです。




これはホテルには置いていないので旅行では見かけることは難しいかもしれませんが、アンダルシア地方の一般住宅ではよく使われています。

日本のこたつと違って熱源が下に置いてあるので、うっかり素足で触ると熱い思いをしたりもしますが、思いがけず日本のこたつにそっくりな、このブラセロに出会えて心も足もポカポカです。



2016/12/11 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

スペインでもこたつが使われていた?!【スペイン】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -スペインナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.