ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイタリア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
水の都ベネツィアの魅力とは【イタリア】

イタリアの北東部に位置し、人口約26万人の都市です。
別名「アドリア海の女王」「水の都」「アドリア海の真珠」などと呼ばれています。

ベネチアは「水の都」と言われるように、浅瀬を埋め立てて建設された海上都市です。
街には車輪のついた乗り物はなく、全て船(ゴンドラ)が担います。
海上を渡るゴンドラを1度はTVや雑誌で目にしたことがあると思います。

世界的に見ても珍しい海上都市で、中世の街並みと100本以上の美しい運河が広がっています。
そこには400もの橋があり、歩いているだけで絵になります。
カメラを片手にぶらぶらするだけでも楽しいこと間違いなしです。

水の都を楽しむためにはゴンドラに乗ることはマストです。
いたるところにゴンドラ乗り場があり、きちんとした乗り場や門構えはありません。
小さな橋にゴンドリアが立っているのでそれが目印です。
料金は40分で19時前は€80(9,200円)、19時以降€100(11,500円)です。

ゴンドラから見るベネツィアの街並みは美しく、まるで中世時代にタイムスリップしたかのような気持ちになります。
みなさんも、イタリア旅行に行く際は、もちろんベネツィアにも立ち寄ってくださいね。




2016/09/27 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

水の都ベネツィアの魅力とは【イタリア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イタリアナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.