ワウネタ海外生活
トップヨーロッパフランス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
目当ての食品を求めて売り場を彷徨う【フランス】

今日のおやつは何にしようかな、とスーパーマーケットに買い物に来ると、売り場のカテゴリーを理解せずに探すと時間がかかります。

 塩味な気分だからポテトチップスにしよう、と決めて「お菓子」売り場に行くと見つからないことがあります。
何故ならポテトチップスや塩味のスナック類は「お菓子」のカテゴリーではなく、アペリティフのお供、つまり「お酒のおつまみ」ということで、酒類コーナーの隣にあることが多いのです。
フランスでおやつというのはつまり甘い物、というのが基本観念なのでしょう。

 そしてヨーグルトを見つけ、どれを買うかを決めるのに時間がかかった、という経験はフランスでの買い物初心者の方に多いはずです。
その一番の原因は乳製品の豊富さ、でしょう。
乳製品のコーナーにはチーズ、プリン等のデザート、要冷蔵の牛乳、そしてヨーグルト等があります。
そのうちヨーグルトと一番紛らわしいのが「チーズ」のカテゴリーに入っている製品なのです。

 フランスでは通常のスーパーマーケットでもハードタイプからフレッシュタイプまで実に様々なチーズの種類がありますが、中でもヨーグルトにそっくりなのが「フロマージュ・ブラン」(fromage blanc)。
これは訳すと「白いチーズ」という意味なのですが、見た目は正に水切りヨーグルトです。
ヨーグルトとは製法が違い、酸味も少ないですが、「ヨーグルトでなくてもとりあえず何かそれっぽいものが食べられれば良い」という方は悩まずどちらか見つかった方を籠に入れ、お買い物を続けてください。



2022/08/11 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

目当ての食品を求めて売り場を彷徨う【フランス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フランスナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.