ワウネタ海外生活
トップヨーロッパアイルランド
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
小さな町の集合体【アイルランド】
アイルランドの小さな町、Doolin

アイルランドには、2015年にアイルランド全地域に郵便番号が導入されるまで、ダブリン県以外のエリアには郵便番号がありませんでした。

アイルランドは、北海道の面積のおおよそ85%の広さで、カウンティー(County)と呼ばれる、日本でいう都道府県が26県、北アイルランド地域6県を合わせても32県と小さな国です。

人口も北海道よりやや少ない512万人ほどで、最も大きい地域であるダブリン県でも125.6万人、ダブリン市内でも54.4万人と日本の人口と比べると少なめです。

そのため、多くの地域は小さな町や村の集合体のため、国内では郵便番号は必要ありませんでした。

そのため、2015年以前はアイルランドには、ダブリン以外の地域には郵便番号がありませんでした。

例えば、ドゥーリン(Doolin)と呼ばれる西にある小さな町や村だと、人口が500人程度であるため、地元の人へ送る郵便物であれば、郵便番号どころか、Doolinという街の名前とフルネームを書いて郵便物を送れば届くぐらい、郵便局員は誰がどこに住んでいるか把握していましたし、今もそれは変わらないでしょう。

実際に、筆者はアイルランドで苗字もわからない知り合いの名前と職業を伝えただけで、宿泊先のオーナーに私の知り合いがどこに住んでいるか教えてもらえたので、10年ぶりの再会をすることができました。

小さな町、アイルランドで仲良くなった人と数年あっていなくても、もしかすると再会のチャンスはあるかもしれませんね。




2022/09/07 08:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事

小さな町の集合体【アイルランド】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アイルランドナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.