ワウネタ海外生活
トップ北米カナダ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
バンクーバーで注意するべきマリファナの文化【カナダ】

バンクーバーは基本的に治安も良く、住みやすい街と言われます。確かに治安はいいのですが、そんなバンクーバーにも欠点はあります。

それは、マリファナを吸う人が多いことです。あまりにもマリファナを吸う人が多く、もうすぐマリファナの使用がカナダで合法化されることもあり、警察もそこまで厳しくは指導していないようで、街を歩いていると安くマリファナを売っている人や、マリファナの入った水やクッキーを売っている人を見かけることも少なくはありません。

さらに、マリファナの試飲を試してみることができる場合もあり、マリファナはバンクーバーの人々にとってとても身近なものです。

一部地域に行くと、薬漬けになった様子のおかしいホームレスたちが集まっている場所もあります。地元人の中でも1番危険だと言われている場所は Hastings streetで、そこには何十人ものホームレスたちが集まり薬をやっています。危険なので行かないようにとガイドブックにも書かれています。

マリファナで命を落とす方もとても多いので、是非バンクーバーに来る際には気をつけてください。



2017/11/29 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

バンクーバーで注意するべきマリファナの文化【カナダ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カナダナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.