ワウネタ海外生活
トップアジアネパール
男性が天使姿?でクルクルと舞う、ポカラのガイジャトラ【ネパール】

一年を通して、お祭りだらけのネパールですが、そんなネパールのお祭りの中でも、ツーリストの目を楽しませてくれるお祭りがガイジャトラ。
ユニークな仮装行列が街を練り歩くのですが、本来の意味は、亡くなった人の魂をあの世へと送り出す行事です。
一年間の間になくなった家族を偲び、その家の者が仮装して街中を行進します。
日本のお盆のような行事なのです。


元々は、カトマンズ盆地に住むネワール族のお祭りですが、商売のためにネパール各地に移り住んだネワール族の地方コミュニティでも、ガイジャトラは行われます。
ポカラにもそんなネワール族のコミュニティがあり、ガイジャトラは欠かせない行事です。
祭りの方法はエリアごとに変化していったようで、ポカラは、ポカラ独特の仮装が見られます。
ポカラのガイジャトラの特徴は、行列に仮装して参加するのは青年男子であること。
その青年男子が、化粧をして、ロングドレスを着て、背中に羽をつけた姿で踊りながら行進すること。
その姿はまるで天使か妖精のようです。

最近では、このような伝統的なお祭りも、イベント化されつつあって、ガイジャトラダンス大会なるものも開催されるようになりました。
伝統的には街中を練り歩きながら披露されるだけだったダンスを、各エリアのチームごとに街中に設置されたステージで披露し、その順位を競うというもの。
毎年、参加チームも増え、どんどん、イベント自体大きくなっているような感じです。

ガイジャトラは、毎年8月〜9月にかけて行われる祭りです。
ネパールに旅行中のこのお祭りに当たったら、ぜひ、見学してみてください。




2017/12/11 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

男性が天使姿?でクルクルと舞う、ポカラのガイジャトラ【ネパール】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ネパールナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.