ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
やっぱりありえないアメリカの医療費【アメリカ・ロサンゼルス】

アメリカの医療費は高いということで知られていますよね。たまに心臓を患ったお子さんが日本では移植ができないのでアメリカで移植しますが、その際の費用は数億円単位です。ですが、こういった手のかかる治療でなくてもアメリカの医療費は日本と比較しても貼る方に高いです。

そもそも、日本は国民健康保険に加入義務があり、これが7割負担してくれていますから、自己負担は少ないですし、この負担がなくても1回の診察は5,000円~1,2万円程
でしょう。

しかし、例えばアメリカの産婦人科で健診を行った場合、500ドル(5万円以上)かかることがあります。もちろん、病院によって値段は異なりますから一概にいくらとは言えませんが、あり得ない値段なのです。そして、大した診察もしないわけです。

ここに請求書をご紹介しますが、保険がなければ850ドル以上(10万円程)、やっていることと言えば血液検査と診察のみなのです。診察だけで2万円程、それ以外に8万円弱とはばかげていますよね。だからこそこの国で老後を過ごすことに不安を抱えている方が多いのです。


2018/10/11 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

やっぱりありえないアメリカの医療費【アメリカ・ロサンゼルス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.