ワウネタ海外生活
トップアジア中国
生活が変わってきた中国【中国・成都】

2月の半ばになっても、大きな荷物を持って帰省地から買ってくる人がいます。大体3週間あると言われている旧正月が終わったころにも、ちらほらと帰省から戻ってくる人のことを観察していると、最近はキャリーバックで移動する人が多いことに気づきます。

数年前までは、大きめのリュックを肩にかつぎ、たくさんの荷物を手に抱えて移動する人が多かったものの、最近では手軽にキャリーバックひとつでラクラクと移動している人が多いのです。また、生きたニワトリなどを田舎から持ち帰って、新鮮な鶏肉を都会で食べれるようにしている人もいましたが、最近はそのような人も少なくなってきているので、バスや列車に乗っても生き物に出会うこともなくなってきました。

だんだん中国の人の生活スタイルが変わってきた証拠です。最近は路線バスも電気バスに変わってきました。空気汚染の原因になる排気ガスを減らす目的の電気バスは、音も静かなので騒音防止にもなっています。また団地の中にも、コンビニで人に会いたくない人のために、自動販売式コンビニまでオープンしているほどです。

どんどん生活が便利になっていく中国。日本にはまだまだない新しいサービスが増えてきています。




2019/03/12 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

生活が変わってきた中国【中国・成都】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -中国ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.