ワウネタ海外生活
トップ中南米ペルー
ペルーの犯罪 注意すべきポイントは 【ペルー】

マチュピチュやナスカの地上絵など世界的に有名な観光地の多いペルーですが、こうした観光地を訪れる観光客を狙った犯罪があるのも事実です。
そこで注意しておくべきポイントを紹介します。

まず、犯罪が多いのはダウンタウンやバスターミナル、そしてメルカド(市場)です。
特に人が多い時間帯は、スリや強盗が多発します。
スマートフォンや財布などをむやみに見せないようにしましょう。

また、こうしたエリアでは、ニセの警官による所持品のチェックをきっかけとした盗難もあります。いきなり話しかけてきた時は注意するとよいです。

こうしたエリアでつけられた時の対処法は、高級ホテルやデパートに逃げ込むのも良い方法です。
特にホテルでは観光客を保護する専門の警察部隊と繋がっているので助けてもらうことができます。

また、長距離バスでは、睡眠薬入りの食べ物を渡して寝ているすきに物を奪うという強盗もあります。

ペルー人は、そんなに積極的に人に話しかけに行く民族ではありません。
あまりにも馴れ馴れしく寄ってくる人を見かけたら注意と覚えておくとよいです。




2019/10/20 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ペルーの犯罪 注意すべきポイントは 【ペルー】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ペルーナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.