ワウネタ海外生活
トップアジア韓国
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
パンチャンの食べ方にルールはあるの?知っておきたいマナー【韓国】

韓国で食事をすると必ずと言ってよいほど付いてくるものにパンチャン(小鉢)があります。
ナムルやキムチ、チャンジャなどが並べられ、知らない人は余計にお金が取られるのではないかと心配することもあります。

まず、これらの小鉢は無料で、会計のときに伝票に金額が記されていることはありません、日本のお通しのようにチャージ料として請求されることもないので安心しましょう。

そして、どの小鉢もおかわりは自由なのでなくなった場合には店員さんに申し出をしましょう。
お店によっては、小鉢に卵焼きやマカロニサラダなど日本だったら数百円とられてもおかしくないようなものが並んでいますが、大丈夫です。
同じような感覚で焼肉店に行ったときに、サンチュもおかわり自由です。

これだけでもご飯が進みそうですが、注意点はご飯のおかわりは有料がほとんどです。
お店によって1,000ウォン(約90円)から1,500ウォン(約1400円)程度になるので注意しましょう。




2020/03/12 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

パンチャンの食べ方にルールはあるの?知っておきたいマナー【韓国】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -韓国ナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.