ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
日本では見かけない広告【アメリカ】

あまり日本では見かけないけれど、アメリカでは普通ということがあります。
それが広告です。

一見普通の広告なのですが、よく見ると、「Have you seen me?(私を見たことがありますか)」と書かれています。


実はこれ、行方不明者なのです。
行方不明になった日付や名前、場所(住所)、誕生日に性別、当時の年齢や髪の色と目の色など、特徴がかかれている横に写真も載っています。

ちなみに、こういった場所に掲載する写真ですが、毎年アメリカでは学校で個人写真を撮影する日があります。
欲しい人はそれを購入することができるのですが、その前に写真のサンプルが配られます。
このサンプルに目立たないように注意書きがされており、「行方不明などになった際にこの写真が使用されます」と、書かれているのです。

どの親もそんなことは望んでいませんが、こういった広告を見ると、「ああ、現実に写真が使われてしまったのか」という気持ちにもなりますし、この子たちはどこに行ったのだろうと、苦しさも募ります。




2020/03/27 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

日本では見かけない広告【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.