ワウネタ海外生活
トップアジアフィリピン
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
日本のタクシーとは少し違う?相乗りタクシーの面白さ【フィリピン】

初めてフィリピンに来た人の中には、普通の車やバスの他に変わった車体が走っていると思った人がいるのではないでしょうか。
フィリピンでは、都心から少し離れると相乗りタクシーが交通手段のメインとして街中を走っています。

これは、トライシクルという三輪の乗り物です。通常の二輪バイクにタイヤをつけ足したもので、一般庶民の移動手段として現地に人によく使われています。
バイクタクシーもよく使われますが、運転者に乗客1人が基本のため、大人数では乗れません。


そのため、車を所有していない人はトライシクルの方をよく使います。
最大7人乗ることができるトライシクルは相乗り式で、乗るときはどこ行きか運転手に聞き、既に乗車している人がいる場合は行き先が同じであれば乗せてもらえます。

初乗りは10ペソと日本円にして20~25円ほどのため、コンビニに行くのにも使うなど気軽に使われている乗り物です。
観光客の場合はぼったくられる可能性もあるため、乗る前に値段を確認するのをおすすめします。



2020/05/03 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

日本のタクシーとは少し違う?相乗りタクシーの面白さ【フィリピン】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フィリピンナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.