ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
家を購入する時のポイント【アメリカ】

アメリカでは基本的に中古物件の売買が行われます。
新築物件はあまりありません。

とにかく毎年家の値段が跳ね上がっていますが、その際にチェックするポイントがあります。
犯罪が多い地区や悪い学区は、「良い」エリアよりも家の値段は下がります。
しかし、「良い」エリアでも注意しなければならないのがこちら。


電気のアンテナです。

これ、郊外に行くと結構あります。
ご存知のように、電波を浴び続けているとガンを発症することもあり、良いエリアの家であっても、アンテナの近くに家があると値段は下がり、購入しても売り出す際に売れ残る恐れがあります。

そして、もう1つがこのドアです。


ドアの外側に柵のようになった扉がありますよね。
古い家によくついているのですが、新しい家でもつけている人がおり、その場合、良いエリアであっても「犯罪が多いのかも」と、判断することができます(泥棒が家に侵入しないための柵と考えられる)。

アメリカで家を売買する際にはリアルーターという仲介業者を使いますが、もちろん彼らは家を売買したいので良いことしか言いません。
ご紹介した情報を覚えておくと、家の購入時に役立ちますよ。




2020/05/06 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

家を購入する時のポイント【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.