ワウネタ海外生活
トップアジアフィリピン
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
完食してはダメ?日本とは異なる完食の意味【フィリピン】

学校での給食の時間等、先生や親からご飯は最後まで綺麗に残さず食べましょうという教えを受けて成長した日本人は多いことでしょう。
確かに日本では完食することは美徳とされ、料理を作ってくれた人や食材を育ててくれた人に対しての有難さを感じ、残すのは良くないことと考えられています。

そのため、中途半端に食事を残したり綺麗に完食しなかったりすると礼儀正しくない人だという印象を与えてしまいます。
しかし、実はフィリピンではその考えとは真逆の食事文化があるのをご存知でしょうか?
フィリピンでは、多くの場合完食しないことが礼儀正しく良い印象を与える場合が多いのです。

なぜ日本とは異なるイメージかというと、フィリピンにおいて完食するということは、まだ食べたりなく食事の量に満足していないという意味合いを持つからです。
そのため、美味しくて満足したという気持ちを料理人やもてなしてくれた人に与えるためには、敢えて少しずつ残した方が相手に好印象を与えます。




2021/01/29 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

完食してはダメ?日本とは異なる完食の意味【フィリピン】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フィリピンナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.