ワウネタ海外生活
トップ中南米メキシコ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
牛の内臓を具にした「タコ・デ・トリパ」【メキシコ】

タコスの本場メキシコでは様々なものを具として包み食べます。
有名なものではひき肉やスライス肉というのが定番ですが、お店によっては変わった具もあります。

今回紹介するのは「タコ・デ・トリパ」、トリパというのは内臓という意味であり、牛の内臓肉(日本でいうホルモンやレバー)などをミンチ状にして、塩コショウで炒めたものです。
はさむ前はホルモン焼きの小さいもののように見えますが、これをタコスに挟むと絶品です。
店によって異なり、レバー系が多い店と腸が多い店に分かれ、腸が多い店のトリパはやや脂っ気が強いのが特徴です。

トリパは屋台の場合、専門店で取り扱っていることが多く、調理の手間を省くためにトウモロコシの粉で作った皮にトリパを包んでそのまま揚げてしまう食べ方もあります。
こちらは日本の餃子にそっくりでとてもおいしいです。
内臓系の肉が苦手な人は厳しいかもしれませんが、ホルモンやレバー好きにはぜひ食べてほしい「タコ・デ・トリパ」です。



2021/04/18 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

牛の内臓を具にした「タコ・デ・トリパ」【メキシコ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -メキシコナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.