ワウネタ海外生活
トップ中南米メキシコ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
7色のトーンが見られる海、サンアンドレス島【メキシコ】

世界には沢山の海があると思いますが、今回ご紹介する海は筆者おすすめのカリブ海に浮かぶ島サンアンドレスという名の島です。

位置的にはコスタリカとジャマイカの間にありますが、実はコロンビア領の島なのです。

海といえば青色、カリブではエメラルドグリーンのイメージが強いと思いますが、この島の魅力として海の色が7色もあるということです。

ジャマイカに近いせいかレゲーの曲がかかっていたり、ドレッドヘアーの人も多くボブマーリンのTシャツや絵があちこにあるというコロンビアとはまた違った雰囲気を楽しめるのがこの島の魅力の一つです。



また島の人はトリリンガルの人が多く、スペイン語、英語また英語をベースに発達した彼らのネイティブランゲージであるクレオール語が話されます。

クレオール語は英語を省略したような単語が多く聞いていいるのが非常に面白い言語です。

島は小さいながらに沢山の魅力的なビーチがあります。

特にお勧めなのがジョニキー島とアクアリウム島です。

Johnny cay(ジョニキー)の海は本当に透明で綺麗なことで有名です。

ビーチにはレゲー風のバーが多くレゲーの音楽を聞きながら、ココナッツを丸ごと使ったインスタ映え間違いないカクテルを楽しむことができます。

またAcuario Haynes Cay(アクアリウム島)はその名の通り水族館のように非常にたくさんの魚を見ることができます。

最初のビーチより小さいですが海の色が透き通った綺麗な水色でした。




さすが7色の海の島の謳い文句なだけあり、ボートで移動していると海の色がどんどん変わって行くのがわかります。

このビーチには岩がたくさんあるので海水用の靴が必須です。

また、シュノーケリングや水の中でも携帯が使えるフォルダーなどもレンタルや販売しているので、多めに現金を持って行くことをお勧めします。

魚の餌を持って行くと魚と触れ合うことができて楽しいと思います。

ぜひコロンビアに行った際は行ってみてください!




2021/09/14 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

7色のトーンが見られる海、サンアンドレス島【メキシコ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -メキシコナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.