ワウネタ海外生活
トップヨーロッパスペイン
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
働く女性が急増!気になるスペイン女性の産休事情【スペイン】
画像:いらすとや

スペインはこの30年間で女性の就業率が2倍になったそうです。周囲を見ても専業主婦の方が少なくて、パートにしろフルタイムにしろ働いている女性がたくさんいます。もっとも経済不況によって女性自身も働かざるをえないという状況もありますが。

スペインはこの2~3年ベビーブームで、結婚していたら女性は最低でも子供は2人産むのが一般的になっています。そこで働いている女性の産休制度ですが、通常産休は有給で1年、その後も有給でなければ4ヶ月は取れるそうです。

画像:いらすとや


1年間は就業時の給料全額が支給されるので、日本の雇用保険組合から支給される180日目まで給与の67%、181日目~365日目までは給与の50%に比べたらかなりの好優遇制度ですね。

日本では出産一時金42万円が支給されますが、こちらでは出産一時金が以前は支給されていたのが、現在は廃止になっています。

フランスやドイツなどは3年間の育休がとれて、その後の職場復帰も可能ということで素晴らしいですね。





2016/10/07 18:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

働く女性が急増!気になるスペイン女性の産休事情【スペイン】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -スペインナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.