ワウネタ海外生活
トップヨーロッパフランス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
マスタード売り場で知る遠方の収穫事情【フランス】

ブルゴーニュ地方のお土産の1つにマスタードがあります。
ワインについでスーツケースの重量がかさむお土産です。
スタンダードなものからカシス果汁入り、白ワイン入り、プロバンス風等々その種類は豊富です。
サンドイッチや手作りドレッシングの他、お馴染みな食べ方は豚肉のスライスに蜂蜜と共に塗って焼くというものがあります。
「あまり辛いのはちょっと苦手」という方向けには辛さを抑えた中辛タイプ(MI-FORTE)もスーパーの自社ブランドで出しているくらい気軽なお値段から手に入ります。


 ブルゴーニュワインの中心地とも言われているボーヌ(Beaune)にはマスタードの老舗FALLOTの本社があり、昔ながらの製造法が学べ、最後にテイスティングができるビジットのコースもあります。


 そんなマスタードですが、2022年、地元のスーパーではマスタード売り場が大変寂しい状況になっているのです。
このご時世、理由はなんなのかと思いきや、原料のマスタードシードのメインの仕入れ先であるカナダで大不作だったのが原因だという情報が。
2023年にはまたいつもの売り場に戻っていてほしいものです。




2022/07/21 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

マスタード売り場で知る遠方の収穫事情【フランス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フランスナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.