ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイギリス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
リッチモンド駅で何をしましょうか?【イギリス】

イギリスのノース・ヨークシャーにあるリッチモンド駅(今はコミュニティーセンター)についてご紹介します。

随分と昔は蒸気機関車による鉄道が最新の技術だったころがありました。19世紀に遡ります。その頃は、車もトラックも空の旅も「未来の夢」だったのです。



鉄道はイギリスが先んじていました。どの都市も街も村までが線路でのネットワークを求めていました。そのような中で、1847年にヨークシャーの小さい街、リッチモンドにも鉄道が敷かれ、1847年に駅が出来たのです。

しかし、20世紀の中ほどまでに状況が変わってきました。人々は乗用車を好むようになり、鉄道は関心を持たれなくなります。1960年までに政府は長距離の鉄道の発展に力を入れていましたが、その後は採算の合わない小さな駅は次々と閉鎖となりました。




リッチモンド駅から最後の列車が出発したのは1969年です。その後、駅も線路も荒廃していきました。

その駅が今、蘇っているのです。地域の人々が集まり、古い建物を地域の中心的なコミュニティーセンターにしたのです。外観は美しいビクトリア調のレンガ造りを残し、内容は完全にリニューアル。ボランティアで資金を募ったそうです。




2007年に駅は再開しました。その名もシンプルに「The Station」。中には大きなカフェや映画館、様々なアートの展示会などが入っています。

街の鉄道の歴史も振り返りながら、コミュニティーの場として生かされている駅なのです。

The Station の詳しいサイトはこちらから。↓
http://www.thestation.co.uk/



2017/08/22 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

リッチモンド駅で何をしましょうか?【イギリス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イギリスナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.