ワウネタ海外生活
トップアジアインド
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
大切な日だけど、国によって若干ズレるイード【インド】

9月2日はイスラム教のバクリーイードでした。日本語では「犠牲祭」と書かれます。

昨年のイードは9月12日と予想されていましたが、最終的な判断は各地の偉い指導者が肉眼で月を観察し、見えたかどうかで決まるため、今年のイードは翌日に持ち越されました(つまり国によって若干ズレる)。

この日のメインは「ヤギ(羊)を神様に捧げる」ことです。数日前から我が家の近所にもヤギが増えてきました。当日に神様に感謝して美味しくいただくためです。オールドデリーでは毎年大規模なヤギ市が開かれ、広場が全てヤギで埋まります。これも圧巻です。

ところで、何故ヤギを捧げるのかというと、逸話があります。その昔アッラーの啓示を受けた予言者ムハンマドさんは神様から言われました。

「私への忠誠の証しにお前の息子を殺して捧げてくれ」

かなり迷った挙げ句、息子に手をかけようとしたその刹那、神様が慌てて止めて、息子の代わりにヤギや牛を捧げる事にした、というのが通説の様です。人間を試すんじゃないよ、神様、とも思いますが気まぐれなものですね。

で、トルコなどでは牛を捧げるのが主らしいのですが、インドでは牛はヒンドゥ教徒にとって大切な聖獣。うかつに殺すと宗教問題になるので、ヤギや羊を捧げます。

この日はイスラム教徒にとってはお正月にも等しい大切な日です。全国的に祝日ですが、祝うのはイスラム教徒だけで、他の宗派の人はタナボタ的祝日を楽しみます。



2017/09/06 18:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

大切な日だけど、国によって若干ズレるイード【インド】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -インドナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.