ワウネタ海外生活
トップアジア中国
2017年の異常気象【中国】

四川省・成都の秋の天気は、1週間ほどの短い季節であることで知られていますが、今年2017年の秋は既に3週間ほど続いていて、みなが異常気象であると口を揃えて言っています。

気温が朝夕は13度前後、そして日中は23度前後になり、寒暖差が激しいので、一日外に出る際には毎日、何を着て出かけるのか悩むところです。

朝の通勤ラッシュは6:30から9:00までとされていますが、この時間帯には当たり一面が霧に包まれ、50メートル先も見えないほどの真っ白状態になります。そして、その中を電動バイクやバスが走るわけですから、朝からクラクションの音が鳴りっぱなしの状態に。道沿いのホテルなどに宿泊すると、朝早い時間からクラクションの音に悩まされることになりますよ。

初めて成都に足を向けた人がこの状態を見ると、「PM2.5なのか、霧なのか?」という問い合わせがあるほどです。朝10:00頃からようやく辺りが見えるようになるので、秋の時期はこの時間帯からの観光開始です。また、日没は18:00前後。遠出の観光に出かける際には、観光地で早めに帰途に就く準備を始めることをオススメします。



2017/11/27 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

2017年の異常気象【中国】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -中国ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.