ワウネタ海外生活
トップアジア中国
人気のクレープ焼きに子供たちも夢中!【中国・成都】

お店によって名前が違う人気のおやつがあります。あるお店は「太郎餅」、あるお店は「手捕餅」「関東餅」などなど。それはクレープのつくり方と一緒で、小麦粉をといたものをクレープのように伸ばして焼き、その上に卵を割って伸ばします。ゴマを振ったら裏返しに。

その上にパリパリの揚げ湯葉、レタス、そして好みのトッピングを置いて、マヨネーズや好みのドレッシングをかけて巻いて食べるだけの、ヘルシーでおいしいおやつが人気です。



おすすめは、ツナ焼き(大体13元、221日本円)や、ベーコン焼き(15元、255日本円)のものが、日本人の口に合うものです。また、クレープの生地をホウレンソウ味の生地にすることも可能で、ヘルシーな組み合わせにして、それをランチにする人もいるくらいです。

休日は子供たちが両親にねだって買うので、お店の前はいつも行列です。30分くらいは待つことになるので、平日の昼時間を避けて買いに行くようにしています。また、地下鉄などの入り口で売っているものは、その場で作ってくれるにも関わらず、ツナ焼きが5元(80日本円)で大きなクレープ焼きを食べることができるので、見かけたらぜひひと口食べてみてくださいね。出来上がりはとってもボリューミーなので、女性の人は友達と半分で十分お腹いっぱいになります!




2019/03/09 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

人気のクレープ焼きに子供たちも夢中!【中国・成都】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -中国ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.