ワウネタ海外生活
トップヨーロッパドイツ
東ドイツの定番スパークリングワイン、Rotkäppchen(ロートケプヒェン)【ドイツ】

ドイツはリースリングをはじめとするワインの名産国、国内のどこへ行ってもおいしいワインが楽しめます。レストランで気軽に味わうのもいいし、ワイナリー巡りもテイスティングができるので自分の好きなワインに出会えます。

実はドイツのスーパーも、意外とおいしいワインを扱っていて、とてもリーズナブルに購入できます。試飲はできませんが、1本の値段が安いのでいろいろトライしやすいのもポイントです。

その中での私のおススメは、なんとスパークリングワイン!Rotkäppchen(ロートケプヒェン)という読みづらい名前ですが、日本語だと「赤ずきんちゃん」。このメーカーはスパークリングワイン(ドイツ語だと「ゼクト」Sektと書かれています)専門の会社で、ワイナリー自体はライプツィヒに近い東ドイツ側の街Freyburgにあります。ですが、ドイツでは基本的にどのスーパーでも手に入るお手頃スパークリングなんです!



このワインのいいところは、ハーフボトルも扱っているところです。ちょっと飲みたいとき、気軽にスパークリングを楽しみたいときなどにとっても便利!旅行中であれば、ホテルの部屋でちょっと飲むのにピッタリのサイズです!

種類も実は豊富。ドライやセミドライ、マイルドと、自分の好みに合わせて選べるし、ロゼや赤のゼクトもあります。しかも1本ミニサイズで1.5ユーロ(約200円)ほど!いろんな種類を試してみるのもアリです!

チェーンのドラッグストアでも扱っているところがあるので、是非見かけたら試してみる価値アリです!



2019/03/13 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

東ドイツの定番スパークリングワイン、Rotkäppchen(ロートケプヒェン)【ドイツ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ドイツナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.