ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイギリス
イギリスで人気!子どもの五感を育てる「Sensory Play(センサリー プレイ)」【イギリス】

イギリスで子育てをしていると、特に1歳以下の赤ちゃんの頃から、日本でいう小学校であるプライマリースクールに入学する前、4歳頃までの幼児に向けた「Sensory Play(センサリー プレイ)」を行うクラスをよく見かけます。

「Sensory」とは、日本語で感覚や知覚を意味する言葉であり、赤ちゃんの頃から子どもたちの五感に刺激を与えながら、感覚や知覚を育てることを目的としています。

様々な素材や、香りのものに触れながら、Sensoryを育てていきます。
写真のように、馬などが食べる藁の香りや音、感覚などに触れるものから、茹でたスパゲティや、手作りゼリーを手でぐちゃぐちゃにするものまで、様々なものに触れていきます。

着替えの用意は必須で、大人にとっては「そんなものまで触らすの?」なんてSensory Playの後の洋服やシャワーなどを気にしてしまうものまでありますが、子どもの五感を育むためにも、子どもとともに楽しみながら参加している人が多いです。




2019/10/12 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

イギリスで人気!子どもの五感を育てる「Sensory Play(センサリー プレイ)」【イギリス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イギリスナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.