ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
死ぬまでに一度は行きたい!本場アメリカのディズニーワールド【アメリカ】

アメリカで人気のある旅行先はたくさんありますが、絶対に外せないのが、フロリダ州オーランドのWDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)です。今回はWDWに遊びに行く際、必ずチェックしておきたいポイントをご紹介します。

テーマパークは4つ!
WDWには、マジックキングダム、ディズニー・ハリウッドスタジオ、ディズニー・アニマルキングダム、エプコットと、それぞれ違った魅力を持つパークが4つもあるので、どこに行こうか迷ってしまいますね。

それぞれの特徴を簡単にお伝えすると・・・

マジックキングダム:日本のディズニーランドのモデルになったパーク。一番ディズニーらしさが楽しめます。シンデレラ城に様々な美しい映像が映し出されるショー‘Celebrate the Magic’は必見です。

ディズニー・ハリウッドスタジオ:LAのハリウッドを再現したかのような、映画をテーマにしたアメリカらしいパーク。スターウォーズ・ブームで今最も注目が集まっています。大迫力のカースタントや、ブロードウェイ顔負けの美女と野獣のショーもおすすめです。

ディズニー・アニマルキングダム:世界の動物や恐竜をテーマにした珍しいパーク。サファリルックに身を包んだミッキーやミニーが出迎えてくれます。ファインディング・ニモのショーやいろいろな動物に出会えるキリマンジャロ・サファリは外せないアトラクションです。

エプコット:近未来と世界のパビリオンが集まったパーク。科学や乗り物が好きな方はワクワクすること間違いなしです。各国のパビリオンに入っているレストランもレベルが高いので、美味しい食事を楽しめます。

各パークに一日以上かけたいところですが、お時間が無い方は、別料金で同日中にパークの移動ができる「パークホッパー」というオプションもつけられます。

混雑する時期はクリスマス~お正月。アメリカでは、12/24から一斉にクリスマス休暇に入ります。GWやお盆休みが無いアメリカ人にとって、唯一といってもいい長期休暇ですので、クリスマス~年明けのWDWは一年で一番混雑します。

入場までに2時間以上並ぶこともざらですし、アトラクションやレストランも待ち時間が長くなります。時期を選べるのなら、年末は避けた方がいいでしょう。

ホテルは直営ホテルがおすすめ

パークとホテルセットで割引料金がある他、エキストラマジックアワーという、直営ホテル宿泊者のみ朝早くパークに入れるor遅くまでパークにいられるという特典があります。

シャトルバスも豊富に出ているので、行き帰りの足の心配もなし。フロリダ滞在の主目的がディズニーワールドなら、お得な直営ホテルに泊まりましょう。

My Disney Experienceアプリは絶対に取るべき!アメリカに着いたら、アプリMy Disney Experienceをダウンロードして、アカウントを作成します。
パークに行く24時間前までにチケットを登録しましょう。

このアプリで出来ることはたくさんありますが、特に便利なのが・・・

入園前にファストパスが取れる。(3つまで)
キャラクターに会える場所が分かる。
アトラクションの待ち時間が分かる。
ショーやパレードの時間が分かる。(リマインドつき)
レストランの予約できる。

情報を事前に集めて、効率よく時間を使ってパークを回りましょう。

いかがでしたか?本場アメリカのディズニーワールドは、規模も内容も一味違い、きっと心に残る楽しい思い出ができます。

アメリカに来たら、ぜひ一度体験してみて下さいね。





2016/03/20 18:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

死ぬまでに一度は行きたい!本場アメリカのディズニーワールド【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.