ワウネタ海外生活
トップ中南米ペルー
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
ペルーの食文化 夜に魚は食べない 【ペルー】

ペルーは、他の中南米諸国と同じように夕食よりも昼食を重視する傾向があり、1日の中で最も重たい食事も昼食に取る傾向があります。
海に面しているペルーでは、海産物も美味しく、セビッチェなど有名なシーフード料理もありますが、これらのシーフードはお昼に食べるのが一般的です。

これは、ペルーで信じられている迷信の1つに「夜の魚は腹を壊す」という言い伝えがあるためです。
このため夕食で魚を食べる人は非常に少なく、セビッチェなどの魚類を取扱いしているお店は夕食の時間帯に営業をしていないことも多いです。
このため、新鮮なお魚料理をペルーで食べたい場合には、お昼に食べるようにしましょう。

逆に、夜遅くまで営業しているのがカフェです。
夕食を食べる代わりにコーヒーとケーキやパンといった軽いもので済ませる人が多く、夜遅くまでケーキ屋さんが空いています。
こうしたところでもアルコールを販売しているので、飲みたいもので楽しめるのも面白いところです。



2020/05/04 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ペルーの食文化 夜に魚は食べない 【ペルー】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ペルーナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.