ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
To Go対策【アメリカ】

そもそも、日本はテイクアウト文化がないというより、衛生面から禁じられているケースも多くみられます。

しかし、アメリカでは基本的にどのレストランでもテイクアウトできるものの、コロナの影響でロサンゼルスはイートインが禁止され、イートインができるレストランもテイクアウトかデリバリーのみになりました。
その結果、当然ながら各レストランの売り上げは落ちます。

しかし、元々イートインをメインとしているレストランである場合、テイクアウトやデリバリーだけに頼ると、売上はガタ落ちです。特に、食べ放題のお店やのびやすい麺を扱っているレストランは。
そのため、このように日系情報誌に広告を出さざるを得ません。







このように広告費用もかけ、さらにはディスカウントやサービスも行っていますが、すでに外出禁止令から1か月経たずに3万件のロサンゼルスのレストランが閉店を余儀なくされています。
消費者としてはテイクアウトを頼んで助けたいところですが、いちいち頼む、そして買いに行く面倒さや店での感染の恐れも考えて、億劫になってしまいます。




2020/04/27 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

To Go対策【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.