ワウネタ海外生活
トップ中東レバノン
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
バイブルの語源、ビブロスの魅力【レバノン】

レバノン北西部、ビブロス(アラビア語ではジュベイル)。
この海沿いの静かでちょっとおしゃれな街には古代からの歴史がつまっています。


目玉は十字軍時代のお城。
大きな城とその城下がある程度残っており、その跡を堪能できます。
お城の上からは地中海沿いのレバノンを一望。
中には展示や解説もあり、土地の歴史を学びながら周るのがおすすめ。
“ビブロス”とはもともとギリシャ語の名前で、後に聖書を表す“バイブル”の語源になったと言われています。
また、現在使われているアルファベットのもとになったフェニキア文字は、このビブロスの地で生まれたそう。
中東にありながら地中海を囲む国々と深い歴史的つながりをもつレバノンならではの魅力が味わえます。


ビブロスの見どころは遺跡だけじゃありません。
遺跡へと続く小さいスークはお土産屋さんがたくさん。
アラブコーヒー専用のカップや、フェニキア文字のデザインがされたグッズ。
アラビア語の入ったユーモアたっぷりなステッカーなどもあり、お気に入りがきっと見つかるはず。
また夏はビーチも賑わい、澄んだ海でのんびり過ごすこともできます。




2020/07/24 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

バイブルの語源、ビブロスの魅力【レバノン】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -レバノンナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.