ワウネタ海外生活
トップヨーロッパドイツ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
日々進歩するモダンな街 首都ベルリンを旅する【ドイツ】

約20年前のベルリンの壁崩壊を記憶している方も少なくないかもしれません。
東西ドイツ統一直後のベルリンは、社会主義の支配下で経済不況だったということもあり街並みは質素でやや寒々とした雰囲気でした。

しかし、15年前に訪れたベルリンとは打って変わり、戦争で壊された建物群は撤去され、急ピッチで都市開発が進められています。首都でありながら他の都市の方が経済力が強く注目を浴びがちですが、2016年現在のベルリンはまるで東京丸の内のビル街に成長を遂げていました。



ベルリン市内を流れる川の中央には博物館島という島があり、その島の上には博物館や美術館が集結しています。施設の規模が一つひとつ大きいので、ミュージアム共通券を購入したものの、2つ巡るだけでお腹いっぱいでした。




博物館島の近くにはアート&ノスタルジーマーケットが土日に開催されており、アンティークな本や工芸品が所せましと並んでいます。ドイツ語は読めないものの、アンティーク本の美しさ、可愛らしさに思わず本を手に取り購入してしまいました。




さらに、ベルリンといえば避けて通れないのが、ナチスによる爪痕と東西ドイツの分裂という暗い歴史です。ユダヤ博物館は日本語のオーディオガイドもあり、わかりやすい展示となっています。こうしたドイツの歴史に触れることも一つの重要な経験だと思います。



2016/08/15 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

日々進歩するモダンな街 首都ベルリンを旅する【ドイツ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ドイツナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.