ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイギリス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
ストリートアートが多いロンドンの新興エリア【イギリス】

ロンドン中心部の東側にショーディッチというエリアがあります。
かつてはスラム街とも呼ばれた治安の悪いエリアでしたが、現在では再開発が進み、若者が集まるエリアとなりました。
街の至る所に落書きやストリートアートがあり、とても鮮やかでアーティスティックな街になっています。中にはイギリスで有名な覆面芸術家バンクシーの作品もあるようです。

このエリアはかつて移民が多い下町で、19世紀にはロンドン最悪のスラム街がある事で有名でもありました。切り裂きジャック事件があったホワイトチャペルエリアにも近く、全体的に東ロンドンは治安が悪いとも言われています。
その後戦争に伴い工場や倉庫が多い街となりましたが、それも後に衰退。そして家賃が安い事から若者やアーティスト達が集まるようになり、今の街の基盤になっていったようです。
2000年代からは多数のIT企業などがオフィスを構え、お洒落でアーティスティックな若者に人気のエリアのひとつとなっています。

ストリートアートは古い物の上にどんどん新しいものが描かれていくので、訪れるたびに新しい作品を発見できて新鮮な気持ちになれます。






2021/08/17 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ストリートアートが多いロンドンの新興エリア【イギリス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イギリスナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.