ワウネタ海外生活
トップオセアニアオーストラリア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
カフェでのメニュー、普通のアイスコーヒーはあるの?!【オーストラリア】

海外旅行に行くと困る事ランキングの上位に、レストランやカフェでの注文!と聞いたことがあります。
日本の居酒屋の様にメニューに写真が細かく載っていれば助かるのですが、オーストラリアでは写真の載ったメニューはあまり見かけません。
そこで今回はカフェでの注文の仕方、自分が欲しい物の名前は英語でどう言うのかをお伝えします。

日本人がよく注文するものといえば、まずはブラックコーヒーでしょうか?
ただ【ブラックコーヒー】と注文するとこう聞かれます『short or long?』。
日本でよく飲まれている普通のブラックコーヒーはlongに当たるので、long pleaseと答えるか、『Can I have a long black please?』と注文します。
Shortはエスプレッソになりますので、強いコーヒーがお好みの方はこちらになります。
そしてラテ。
これはオーストラリアでも同じLatteですので問題ありません。

あと、よく間違えるのが【アイスコーヒー】英語にそのまま訳すと【iced coffee】で、メニューにあるある!と注文しますが商品が来てみてビックリ!
アイスクリームと贅沢にも生クリームまでがモリモリにトッピングされた甘〜いアイスコーヒーなのです。
日本の無糖のアイスコーヒーは基本オーストラリアにはないと思っていた方がいいかもしれません。
私の経験上ではスターバックスのアイスラテだけが唯一無糖でした。

でもこの【iced coffee】甘いものとして構えていればとってもおいしいのでオススメです。
ベースをコーヒーではなくチョコレートミルクで作った【iced chocolate】は子供に大人気です。
是非1度試してみて下さい!




2016/09/06 05:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

カフェでのメニュー、普通のアイスコーヒーはあるの?!【オーストラリア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -オーストラリアナビ-

Copyright(C) 2014-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.