ワウネタ海外生活
トップアジアタイ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
常夏のメリットとデメリット【タイ】

タイの年間平均気温は29度と、1年を通して高温です。
日本人からすると、ほぼ1年中真夏という感覚です。

季節が1つ、それも夏であることの暮らしのメリットとして、
・季節家電がほとんど要らない
・衣替えが不要
・その分コストがかからない
などが挙げられます。

四季があると、「寒くなってきたからそろそろコタツを出そう」「毛布を洗って片付けなければ」などと季節家電や寝具の管理が必要ですが、それらが少なくてすみます。
せいぜいエアコンと扇風機ぐらいのものです。

また季節ごとに衣替えが不要なので、衣服のクローゼットは大きくなくても良く、制服も年間を通して1種類ですみます。

一方、デメリットとして挙げられるのは
・季節感がないので、ある出来事がいつだったのか記憶しにくい
・たまに冬のファッションを楽しみたくなる
といった点。

日本では海水浴は夏の間だけ、受験シーズンは冬などと季節とイベント、思い出が深く結びついているものですが、そういったものがないのは少し寂しく感じます。
ただ、夏が大好きな人にとっては非常に良い環境だと思います。




2022/08/01 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

常夏のメリットとデメリット【タイ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -タイナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.