ワウネタ海外生活
トップオセアニアオーストラリア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
雇用形態2、カジュアルワーク 【オーストラリア】
オーストラリア、ワーキングホリデイビザ

オーストラリアにワーキングホリデイビザを取得して渡豪してアルバイト探しをしたり、留学中にアルバイト探しをする方もたくさんいることでしょう。

オーストラリアには、フルタイム、パートタイム、カジュアルといった主に3つの雇用形態があります。

ワーキングホリデイビザでも、留学でも、働く期間や時間に制限があるため、アルバイトは主にカジュアルというスタイルでの仕事になることが多いと思います。

フルタイムやパートタイムと違って、カジュアルのポジションには、有休はありません。また、忙しい時だけ呼ばれることもあり、次の日には仕事がないといった、安定しない雇用形態になります。

ただ、ワーキングホリデイビザを取得されて、働いてお金を貯めて旅行するスタイルの方であれば、むしろいつでも辞められるカジュアルポジションはとても便利な働き方でもあります。

期間の保証がない代わりに、時給もフルタイムやパートタイムの最低賃金よりも高く設定されているので、短期で、もしくは日雇いで働くにはうれしい雇用形態でもあります。

オーストラリアの最低賃金は州や職種によっても異なりますが、2022年現在では、20ドル以上(2000円以上)はもらえます。この金額はフルタイムやパートの最低賃金なので、カジュアルで働くとさらに高い給料がもらえます。

生活費もその分安くはないですが、生活費を節約して、日本の20倍ほどのオーストラリア大陸の旅を楽しんではいかがでしょう。



  • タグ

    2022/09/16 08:00  Copyrights(C)wowneta.jp

    この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

雇用形態2、カジュアルワーク 【オーストラリア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -オーストラリアナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.