ワウネタ海外生活
トップオセアニアオーストラリア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
日本のサイズとは違う【オーストラリア】
上が日本のMサイズのシャツ、下がオーストラリアのSサイズのシャツ

ところ変わればサイズが変わる!

オーストラリアでの洋服のサイズは日本とは大きく異なります。

オーストラリアは国土面積だけではなく、人も日本人や他のアジア人に比べると標準サイズが異なります。

そのため、洋服を購入するときは注意が必要です。オーストラリアでももちろん、モデルさんもおられますし、アジア人サイズの小柄な人もいます。

ただ、一般的なサイズは日本の規格よりも大きめです。

日本で小柄な女性だと、子どもサイズでちょうどといったこともあるでしょう。

オーストラリアの女性のSサイズは日本の女性のサイズのLサイズぐらいです。日本の女性のMサイズはXSか子ども用のサイズ12になるかと思います。

日本でも小柄な女性で、長期滞在をお考えの方は、日本を出発前に充分な洋服を持ってくることをお勧めします。

男性用の洋服はわかりませんが、こちらでは男性も180cm前後の身長が一般的なので、男性にも同じことが言えると思います。

特にアルバイトで接客業をする場合、黒いパンツを準備するように言われることもあるので、ワーキングホリデイや学生ビザでアルバイト予定の方は、そういった洋服の準備も日本でしておいてもよいですね。





2022/11/22 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

日本のサイズとは違う【オーストラリア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -オーストラリアナビ-

Copyright(C) 2014-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.