ワウネタ海外生活
トップヨーロッパポルトガル
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
食べ物もおいしいリスボン【ポルトガル】

リスボンで食べたもの、特にお菓子類が、卵の素朴な味がして、日本の卵ボーロやカステラを食べているような、本当にあったかくて優しい味でした。

どうしてもどうしてもポルトガルで食べたかったものが!それはパンデロー。
(Pao de lo)なにって、カステラの元祖とも言われている、外ふわふわ(ちょっともちもち)中半熟のカスタードの激アツスイーツです!!!
もうどうしてこんなに美味しいのってくらい、絶妙に柔らかい、そして甘い。
カステラより美味しい(と個人的には思っています)。
思わずパンデローとチュロスを日本に持ち込んで女子向けスイーツショップでも代々木か白金あたりで開きたくなる勢いです。


さておき。
リスボンでも美味しいものに巡り会いました。
まずは、オリーブ。
そう、オリーブです。
地中海のエリアでは全く珍しくないオリーブですが、ポルトガルで食べたものには、ハーブ(たぶんオレガノ)がかかっていて、塩加減が絶妙でとても美味しかったです。

そして、塩鱈のフリット。
これまたフワフワで美味しい。
フワフワ=美味しいではないとわかっていながらも、食べていて、懐かしい、あぁ美味しい。

そしてまたタコまみれ。
タコと貝とジャガイモの炒めたものと、タコリゾット。気取らない料理なのに、なぜだかとってもおいしい。

そして、忘れちゃいけないPastel de nata。
エッグタルトですね。
これ食べたら、普通のエッグタルトは食べられないんじゃないかっていうくらい、素朴なのに美味しい。
パリパリととろーりクリームの同居。
罪悪感やカロリーの摂取量とかを気にしなくていいならば、無限に食べ続けたい、それくらい中毒性のあるPastel de nata。
Mosteiro dos Jeonimos(ジェロニモス修道院)の近くに有名店がありますので、ぜひ寄ってみてください。
また、ポルトガルのパン屋さんはなぜだか黄色っぽいパンが多いです。
そして、ビスケット(クッキーというより、ビスケット)みたいなお菓子も多いです。
フルーツや生クリーム、チョコレートを使うわけでもなく、見た目はどれも似通っていて、地味です。
でも食べ比べると味や食感が微妙に違うので、これまた不思議!
パンは一つ1ユーロ(130円)から2ユーロ程度なので、いくつか買って食べ比べてみるのもおすすめです!




2017/12/14 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

食べ物もおいしいリスボン【ポルトガル】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ポルトガルナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.