ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
アメリカ最古の住宅街 Elfreth’s Alley【アメリカ】

フィラデルフィア市の東側には、多くの博物館や名所が点在しています。
その一角に、アメリカ最古の住宅街と呼ばれる、エルフレス小径があります。


1728年から1836年の間に建てられたもので、当時のオーナー、エレミア・エルフレスの名がその小さな通りの由来となっています。
独立記念館から少し歩くと、エルフレス小径が唐突に現れ、真っ赤なドアと窓飾りの家が目に飛び込んできます。
車も通れないような狭い石畳の両側に、可愛らしいタウンハウススタイルの家が30数件並んでいる様は、どこかヨーロッパの街並みのようです。


エルフレス小径の124番地から126番地は、小さな博物館になっていて、ハウスツアーや小径の散策ツアーも行われています。
アメリカ最古の住宅街の名の通り、ここにはたくさんの人が普通に生活をしています。
それぞれのお宅のドアや、エントランスの飾りにも、そこに住む人々のオリジナリティが溢れています。


こんなかわいい通りの住人になりたい、という場合は、賃貸、という手もあります。
運よくお家が空いていれば、ひと月$2500(285,000円)前後で借りることができるそうです。




2017/12/22 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

アメリカ最古の住宅街 Elfreth’s Alley【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.