ワウネタ海外生活
トップヨーロッパスペイン
カサ・バトリョを裏から見る【スペイン】

バルセロナを訪れる目的の一つにガウディの作品を見ると言う方は多いと思います。
サグラダファミリアやグエル公園など見所はたくさんで、短い旅程では時間がたりない方もたくさんいらっしゃると思います。
そして、何よりどこも入場料が思ったより高いと感じる方も多いのではないでしょうか。
入場してゆっくり見学したいのはもちろんだけど、時間や料金のことを考えると外観のみの見学で済ませてしまう場所もあるのではないでしょうか。

バルセロナのガウディの作品の中でも、カサ・バトリョは人気があり、観光シーズンにはいつも当日券を買う人の行列ができています。
オンライン予約をすれば料金は安いのですが、それでもファストパスを付けると29.5ユーロ(3860円、2018年7月現在)なので、中々のお値段です。


中はとても素晴らしく、小型のタブレットを使って日本語で説明を聞きながら観る事ができるので、見応えのある観光施設だと思います。

しかし、時間や料金の都合で外観のみの見学で済ませる方にお勧めなのがカサ・バトリョの裏にある「servei estacio」と言うホームセンターからの見学です。

住所はCarrer d'Aragó, 270-272。
カサ・バトリョの角を曲がって少し行ったところに入口があります。
入り口から入るとすぐ右手に無料のコインロッカーがあるので、そちらに荷物を入れて入店してください。
上の階にあるテラスからカサ・バトリョの裏側を観る事ができます。
また、このお店は、日本では目にしないような商品、日本と同じような商品など、買い物やお土産探しをしても楽しむ事ができます。
見学や買い物が終わった後は、ロッカーに入れた荷物を忘れずに持って帰ってくださいね。




2018/09/13 12:12  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

カサ・バトリョを裏から見る【スペイン】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -スペインナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.