ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
フリーウェイがフリーウェイじゃない!?【アメリカ】

最近、フリーウェイなのに「フリー」ウェイじゃない場所が増えているのです。

フリーウェイは無料でのることができる高速道路であるということはご存知でしょう。車社会のアメリカで、とにかく国土が広いので、下道で移動となると、とんでもないことになります。しかし、高速道路があっても、それが有料であれば、気軽に毎日通勤などで使うことができませんよね。アメリカの場合はそれができる、その場所がフリーウェイなのです。

しかし、最近、益々渋滞がひどくなってきており、その緩和策でもあるのでしょうが、おそらく政府もお金を稼ぎたいのでしょう。フリーウェイの一部区間が有料化されています。

特に通勤、帰宅ラッシュの時間には通常料金よりもたかくなったりするのですが、その際に必要なのがこの機械です。この機械なしに有料レーンに乗ってしまうと、後から罰金が科せられます(もしこれを乗せ忘れたのであれば、後から報告すればよいですし、初めての場合は自動的にこれが届き、最低$40(約4400円)チャージしろと郵送されてきます)。時に便利ですが、フリーウェイなのにフリーウェイじゃなくなっていると、思わざるを得ないのです。




2019/03/23 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

フリーウェイがフリーウェイじゃない!?【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2014-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.