ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
小学生のうちは制約の多いアメリカスポーツ【アメリカ】

サッカーや野球、日本でも小学校から習い事として行うことが多いスポーツですが、アメリカにも同じような習い事があります。
日本のように学校の部活動がないので、日本以上にクラブチームが発達しており、チームごとの競争も激しいです。
そんなスポーツですが、練習を見ているとアメリカらしいというのか、日本では考えられないような制約が多くあります。

日本では当たり前のことがアメリカでは禁止されていることも多く、指導者になった時には特に注意が必要です。
例えば、10歳以下はサッカーでヘディングが禁止されています。
また、野球でも1日の球数が50球に制限されていたり、ドッジボールは残酷なスポーツということで禁止されていたりします。

スポーツへの根性論はアメリカでは通用せず、感情に任せた指導をすると裁判沙汰になるのがこの国の定番です。
練習内容や制約に日本人から見ると首をかしげることがあるかもしれませんが、異国文化理解と考えて受け入れましょう。




2019/06/23 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

小学生のうちは制約の多いアメリカスポーツ【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.