ワウネタ海外生活
トップアジア韓国
知っておこう韓国の食事マナー スッカラとチョッカラ【韓国】

国が変われば、文化が変わります。
特に食事においてはその違いを痛感することが多いのですが、韓国の食事にもいくつかの基本マナーがあります。

ここでは、「チョッカラ」と「スッカラ」を紹介します。

韓国では箸(チョッカラ)とスプーン(スッカラ)を使います。

並べるときにはスプーンが左、箸が右で、縦向きに置きます。使い方にも一応決まりがあり、スプーンは汁物とごはん、おかずを食べるときには箸を使います。

あとはこの2つが使いやすいように料理を置く時にも熱いスープやご飯類は右側に、冷たいキムチなどは左側に置きます。

日本ではとり箸を使ったり、箸をひっくり返したりして大皿のおかずをとることがありますが、韓国ではこうしたことはしません。

また、韓国では環境保全の観点から割りばしの利用が禁止されています。

そのため、パーティなどをするときに割り箸を探しても見つけることができないので知っておきましょう。




2019/09/15 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

知っておこう韓国の食事マナー スッカラとチョッカラ【韓国】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -韓国ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.