ワウネタ海外生活
トップヨーロッパスペイン
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
スペインで愛を祝う日はバレンタインデーだけではない【スペイン】

スペインでも、他の多くの国と同様に2月14日のバレンタインデーには男性から女性にプレゼントを贈り、多くのカップルがロマンチックなレストランで外食します。プレゼント用にたくさんの生花やギフトが店頭に並ぶ日です。

しかし、バルセロナのあるカタルーニャ地方では、愛を祝う日は2月14日のバレンタインデーだけではありません。4月23日の「サン・ジョルディの日」は、「本の日」とも呼ばれ、親しい人に本を贈る風習があります。

サン・ジョルディは、ドラゴンを退治して姫を救ったという伝承を持つキリスト教の聖人で、カタルーニャ地方の守護聖人です。4月23日はこの聖人の命日であり、カタルーニャ地方ではこの日に男女が赤いバラを贈り合うという伝統が昔からありました。では、なぜ本を贈る習慣ができたのでしょうか。この日は、「ドン・キホーテ」の作者であるミゲル・デ・セルバンテスの命日、さらにシェイクスピアの命日でもあるため、カタルーニャ地方の本屋が、文豪の縁とサン・ジョルディの日を結び付けて、この日に本を贈るというプロモーションをはじめたのだそうです。

もともと、男性は女性に赤いバラを、女性は男性に本を贈るとされていましたが、今では男性からも女性からも本に1本の赤いバラの花を添えてプレゼントすることが多いようです。バルセロナではサン・ジョルディの日には、たくさんの本屋と花屋のスタンドが並び、大変賑わいます。






2020/04/23 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

スペインで愛を祝う日はバレンタインデーだけではない【スペイン】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -スペインナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.