ワウネタ海外生活
トップヨーロッパフランス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
フランスで食せる「ブッフタルタル(boeuf tartare)」【フランス】

フランス・パリの滞在中、何気なくフランス料理が食べたいと思っていても、何をどう注文して良いかわからない場合もありますよね。
花の都で、食の都でもあるヨーロッパの大都会パリは、日本の東京同様に本格的な各国料理など豊富な食文化を提供しています。

フランス料理となったタルタルステーキが伝わった起源は、古来の中央アジアの遊牧民タタール人から血を抜いた赤肉を刻んで食べていたことが、のちにドイツのハンブルクへと伝わったとされています。

食肉の加工や調理方法の技術が発達しているフランスでは、生肉を食べる習慣があります。
生肉の調理方法は様々ですが、現在でも新鮮で高品質の肉は栄養価が高く、贅沢で貴重な食文化でもあります。
英語ではステーキタルタルと呼ばれる、フランスのブッフタルタルは、フランス人にとって日常食とも言える定番メニューです。
ブラッセリーやビストロでは、サラダとフライドポテト、各種ソースと一緒に出されることが多く、レストランによってもレシピが違うこともあります。



2021/09/12 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

フランスで食せる「ブッフタルタル(boeuf tartare)」【フランス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フランスナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.