ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
アメリカの水泳教室にびっくり。【アメリカ】

アメリカの水泳教室は屋外でやることがほとんどです。ただし、カリフォルニアのような比較的暖かい州だけかもしれませんが。

そんなアメリカでのスイミングのやり方には、日本人の私たちがびっくりすることも色々あります。

中でもびっくりしたことは冒頭の写真です。一見、普通にバタフライをやっているだけのように見えますよね。ところが、そうではないのです。



わかりますか。なんと、シュノーケルをつけているではありませんか。

日本でスイミングに通ったことがある人はアメリカ以上に多いでしょう。しかし、スイミングでビート板やフィンのような「小道具」は使っても、シュノーケルなんて使いませんよね。




たしかに、年齢も様々なのでプールの底に足がつかない子もいますが、バタフライをやる子達のレベルなら足は着く子も多いです。足がつかないにしても、何かあった時にコースロープにつかまることはできます。では、なぜシュノーケルが必要なのかと疑問に思わずにはいられない光景ですよね。




2022/01/28 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

アメリカの水泳教室にびっくり。【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.