ワウネタ海外生活
トップアジアインドネシア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
バリ島では高い!乳製品&チーズ好きには辛いバリ島生活【インドネシア・バリ島】

年々上昇するバリ島での生活費。
生活スタイルによっては、日本のほうが安くつく場合もあるかもしれません。
電気代やアルコールの価格、そしてバイクや車の価格が高いことで知られているバリ島ですが、実は乳製品が高いという特徴もあります。

牛乳をはじめ、チーズやヨーグルトや生クリームなどもかなり良いお値段のものが多く、日本に住んでいたころよりも乳製品の値段を気にしながら買い物をすることになるでしょう。
そのため、乳製品が大好きな人にとっては、バリ島での生活は辛いものになるのではないでしょうか?

もちろん、どんなに高いものでも購入できる経済力があれば話は別でしょう。
しかし、乳製品はいわば毎日の栄養バランスに欠かせないもの。
たまに食べるだけで満足できる嗜好品とは訳が違います。
乳製品などの毎日の食生活に欠かせないものが高い場合、食費に掛かる費用が自然とはねあがることになります。

ローカルの人々においては、牛乳と言うとストロベリーやチョコレートの味がついた甘い加工乳か、粉ミルクのような脱脂粉乳が一般的なようです。
ですから、「プレーンな牛乳を毎日ゴクゴク飲みたい!」という方であれば、毎月の牛乳費用は日本に住んでいる場合よりもはるかに多く見積もっておく必要があるでしょう。




2016/08/27 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

バリ島では高い!乳製品&チーズ好きには辛いバリ島生活【インドネシア・バリ島】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -インドネシアナビ-

Copyright(C) 2014-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.