ワウネタ海外生活
トップアジアネパール
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
ユネスコの援助で復活した伝統的なネワール建築のプチホテル【ネパール】

せっかくネパールに来たのだから、ネパールらしい宿に泊まりたいと思いませんか?
そんなあなたにオススメなのが、ネワチェンです。
ネワチェンは、ネパールの中世の雰囲気が満喫できるプチホテルで、カトマンズ盆地のパタンエリアにあります。

カトマンズ盆地には古くからネワールという民族が住んでいて、ネワール文化を築き上げていました。
ネワチェンはそのネワールの伝統的な建築物で、ユネスコの援助を得て、ホテルとして蘇りました。


レンガづくりで木彫りの窓枠、素焼きの瓦で中庭のある作りです。
8部屋しかないプチホテルですが、ネワール文化をゆったりとした気分で堪能できます。
昔ながらの建物のため天井は低く、床に座る作りにしてあって、それがまた、ちょっと旅館風で落ち着きます。
泊まっていただくことでネワール文化を伝えていくことも、このホテルの大きな目的で、そのために宿泊料もこの手のホテルにしては驚くほどリーズナブル。


ただ、欧米人に人気が高く、ハイシーズンの予約はなかなか難しいので早めの予約が必要です。
場所は、パタンのダルバール広場から南へ徒歩約3分と便利。
古都パタンで中世の雰囲気の宿で、遠い昔に思いを馳せるというのもなかなかオツなものですよ。




2016/09/23 17:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ユネスコの援助で復活した伝統的なネワール建築のプチホテル【ネパール】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ネパールナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.