ワウネタ海外生活
トップ北米カナダ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
メープルシロップの匂いがする!?カナダのお金事情【カナダ】

いきなりのタイトルで驚いた方もいらっしゃるかもしれませんが、カナダの新$100札はメープルシロップの香りがすると日本でも少し話題になったようです。

カナダでは、2011年から順次新しい紙幣へと移行しており、現在は$5, $10, $20, $50, $100の5種類の紙幣があります。

そして、世界でも珍しいプラスチック製のお札なのです!破れたり、誤って洗濯してしまっても平気なのですが、小さな財布に折り曲げて入れようと思っても、折り目がつかないので、かなりかさばります。

そして表面がツルツルしているので、レジで1枚出そうと思っても2枚くっついて出てきたり、それが床に落ちたり。個人的には日本のような紙でできたお札の方が好きです(笑)

しかし、プラスチックだからできることも。カナダの紙幣はとってもカラフルなのです!5ドル札は青、10ドル札は紫、20ドル札は緑、50ドル札は赤、そして100ドル札は茶色の5色展開。財布の中でごちゃごちゃにならないのでとっても良いです!そして透明の透かしも入っています。

問題のメープルシロップの匂いについてですが、これはカナダでもかなり噂になっていて、たくさんのメディアからも取り上げられていました。結局カナダ銀行は“シロップの匂いをつけてはいない”と発表し、噂で終わったのですが…。それでも未だに100ドル札はメープルシロップの匂いと信じている人も少なくないようです。



そして、カナダのコインには¢5、¢10、¢25、$1、$2の5種類で、普通の読み方とは別に、¢25をクオーター、$1をルーニー、そして$2をトゥーニーと呼ぶ事もあります。以前は¢1も流通していたのですが、最近は1セントは使用されなくなり、レジでの計算は繰り上げ繰り下げで計算されます。

そんなカナダのコイン、とてもユニークな物が多いのです。普通のコインとは少し変わったデザインのものや、全く違うデザインのもの、また色がついているものもあって、集めたりするのも楽しいです。

このようなユニークなコインは結構出回っていて、結構な頻度で出てくることがあります。レジでおつりをもらうときにはチェックしてみてください!



2016/11/30 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

メープルシロップの匂いがする!?カナダのお金事情【カナダ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カナダナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.